交通事故にあった場合にやるべき7つの事

交通事故にあったらやるべき事

1、まずはすぐに警察に電話
通常、警察への連絡は加害者側が行うのが一般的ですが、事故割合がわからないような交通事故も多くあるので、できるだけ自身で警察を呼んで下さい。また事故相手が逃げる事の阻止にも繋がります。相手が警察を呼ぶのを嫌がる場合もありますが、必ず警察に連絡しましょう。

2、事故現場の証拠を取る
衝突部位、タイヤ痕、警察担当者の部署・名前などスマホのカメラでいいので証拠を記録しましょう。また信号などの事故状況を相手と確認する事も大切です。

3、相手の情報把握
事故相手の身分証明書、車検証、ナンバー、保険の加入の有無、ドライブレコーダーの有無など。また、警察が来るまでの事故に関する話し合い等をメモ・録音しておくのも証拠になるので可能であれば行って下さい。

4、加入している保険会社へ連絡
保険会社へあらかじめ連絡しておくことで事故後の流れで自身に不利にならないようにアドバイスが得られます。絶対に自分の判断で示談しないで下さい。

5,目撃者の確保
事故割合で1年以上もめたりするケースが多々あります。そんな時に有効なのが目撃者の証言です。もし目撃者がいるのであれば連絡先を聞いておいた方が良いでしょう。

6、病院で医師の診断書をもらう
事故後の接骨院での治療は医師の診断書を元に行われます。診断書に無い部位は治療が実費になってしまう為、少しでも違和感を感じる所は診断書をもらうようにしてください。事故後しばらくしてから強く痛みが出る場合がありますので小さい違和感も見逃さず伝える事が大切です。事故後2週間以降に違和感が出た場合は治療ができないので注意が必要です。

7,交通事故証明書の交付を受ける
保険金を請求する際、警察に事故の届出をして、自動車安全運転センターから「交通事故証明書」の交付を受ける必要があります。さらに、加害者同様に、自分の契約保険会社への連絡も忘れてはいけません。

どのような病院に行けばいいの?相手の保険会社とのやりとりはどうしたらいいの?など交通事故に関するお悩みはなんでもお答えするのでお気軽にご連絡ください。

今すぐ電話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


thirteen + eight =